ポストボックスいろいろ。
a0121669_2121491.jpga0121669_2121499.jpg
上の写真はキュリアスの開店当時から置いている、ドイツ・ニック社筒型ポストボックス(6,720円/3種×各2個=6個入)と車付きポストボックス(9,345円/4種×各2個=8個入)。「筒型」はお座りを始めたばかりの頃から安心して使え、入ったところが横から見えること、柵状になった棒を握って大きなガラガラのように音を慣らしたり、横にして転がして遊ぶこともできるので、出産祝いにお薦めしている商品。「車付き」は片方に入れ終わったらパタンと赤い板(※色違いで青もあり)を開くとまた隣に空の箱ができ、エンドレスで積木落とし(型はめ)を楽しめる他、お気に入りのおもちゃを入れて車を引っ張り、お家の中をあっちこっちへ連れていったりと、お座りの頃から歩くのが楽しくなる頃もしくはそれ以上の長い間遊べるので、一台で何役もこなせる秀逸な商品です。積木を箱に落として入れる「型はめ」「ポストボックス」と言われる商品の中ではこの2つの商品が最強だと思っていたので、これまでキュリアスでは他社のポストボックスを置いていなかったのですが、この2商品の価格がちょっと高価に思える方も多くいらっしゃるようなので、数あるポストボックスの中から、代表的なものをいくつか取り寄せてみました。

a0121669_0215736.jpga0121669_0215756.jpg
新しく入荷したのは、左から
Mポストボックス(スウェーデン・ミッキィ社/7,560円/5種×各3個=15個入)
Jポストボックス(フィンランド・ユシラ社/5,670円/5種×各2個=10個入)
フォルマポストボックス(イタリア・レシオ社/6,720円/4種×各2個=8個入)
キーボックス(ドイツ・ニック社/5,985円/3種×各3個=9個入)
の4点。
一番右はずっとキュリアスでお取り扱いしている
筒型ポストボックス(ドイツ・ニック社/6,720円/3種×各2個=6個入)
を比較のため置いてみました。

a0121669_021584.jpga0121669_0215857.jpg
出産祝いに選ばれる方も多いので、パッケージもご紹介します。
一番左のMポストボックスのみ外箱のないシュリンク包装で、他は紙箱に入っています。箱に入った状態ではあまり大きさの差がわかりにくいですが、中身は上の写真をご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、キーボックスが一番小さく、Mポストボックスが一番大きいです。

a0121669_0215553.jpg少しだけ他よりサイズの大きいミッキィ社のMポストボックスはフタと箱の間に隙間があります。写真ではわかりやすいように片方に寄せてありますが、フタが左右に動ける隙間があるのです。これはフタを閉めたときに指を挟んでもすぐに抜き取れるように、という配慮から生まれたものだそうで、他社にはない特徴です。中に入れるパーツが15個と多いのも特徴です。フタが白木のタイプもあり(お取り寄せとなります)。

a0121669_0215437.jpgユシラ社は1960年代にその商品の美しさがネフ社に認められ、1970年代以降ネフ社を通じて欧米に広く商品が販売され、日本にも紹介ました。Jポストボックスはその当時からほとんど変わらないシンプルでモダンなデザインが貫かれています。中に入れる積木のパーツの形はミッキィ社とほぼ同じですが、形によって色分けされています。
パーツを増やしたい方には別売の積木が四角いパーツと同じサイズなので一緒に遊べますが、残念ながら既に生産中止となってしまいましたので、ABCブロック(2,520円)のみ、在庫限りの対応となります。

a0121669_0215479.jpgレシオ社のフォルマポストボックスは、箱の大きさはミッキィ社やユシラ社より一回り小さいのですが、少し高さがあります。その訳はサイドにあるこのレバー。押すと底板が滑り台のように斜めになり、中に入れた積木が一気に外に出てきます。フタを開け閉めするタイプと違い、小さいながらダイナミックです。
a0121669_0214531.jpga0121669_0215487.jpg

a0121669_0215335.jpg一番小型なニック社のキーボックスは、なんといってもこのカギが魅力。こんな難しい動作が赤ちゃんにできるの?と思われるかもしれませんが、最初のうちは扉を開けたまま出し入れして遊んでいても、いつの間にか器用にカギの開け閉めをするようになりますよ♪

a0121669_0215341.jpg最後に、キュリアスの定番・筒型ポストボックスの裏面をご紹介。中央の穴の真ん中に白いゴムが張ってあり、ゴムの中央に結ばれた紐に繋がっている木玉を引っ張ると、中央の穴が大きく開き、中身が出てくる仕組みです。原理がわかれば逆さまにしない状態で木玉を引っ張って中身を出すことができますが、始めのうちは出し方がわからず、「出して」と赤ちゃんは訴えかけてきます。「入れる」「引っ張る」「出す」のシンプルな動きの繰り返しができるようになる頃には、かなりの集中力が養われます。

他にも、スイス・アルビスブラン社Aポストボックス(8,820円/4種×各4個=16個入))や、ドイツ・セレクタ社クアトリノ(6,300円/4種×各2個=8個入)や セレクタかたちの箱(5,460円/4種×各2個=8個入)など、スライド式扉を採用したポストボックスもあり、いずれもお取り寄せ可能です。選択肢がありすぎて却って目移りさせてしまいそうですが、ご予算やデザインの好みなどに応じてお気に入りのポストボックスを見つけてください。


by curious-design | 2013-09-12 19:01 | products
<< 今年もBRIOの限定商品「カン... 【毎週木曜】ぷかリスト・和美さ... >>



キュリアスからのおしらせ
by curious-design
カテゴリ
curiousについて
products
workshop
event
campaign
media
staff
display
notice
archive
LINK
タグ
(220)
(145)
(92)
(76)
(71)
(64)
(61)
(53)
(51)
(43)
(41)
(40)
(35)
(32)
(31)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
検索
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のトラックバック
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧