チョコ募金「あしたのチョコレート」、入荷しました。
a0121669_1321977.jpga0121669_1321345.jpg
この商品は個人的に利用しているパルシステムのサイトで見て、個人的に買おうと思っていたものなのですが、販売サイトにアクセスしてみたら既に完売しており、残念に思っていました。それが、この商品を企画したJIM-NET(特定非営利活動法人 日本イラク医療支援ネットワーク)に直接申し込めば買えることをネット受付ギリギリの昨日知り、先方に問い合わせをして店舗として扱わせていただくことにしました。「店舗として」と言っても、仕入価格は一般のお客様と同じ、1つ500円です。自分の分だけ申し込んでも、お客様の分も一緒に頼んでも送料がかかることには変わりないので、せっかくならお店のお客様にもご紹介したいと思い、少しばかりではありますが、注文しました。
昨年よりお取り扱いさせていただいているonagawa fishもそうなのですが、被災地支援やボランティアといった側面を抜きにしても商品としてのこだわりとクオリティが高く、関わっている方々の心意気を感じました。
チョコレートはあの六花亭謹製、缶のイラストは10才で命を落としたバグダッドのアヤ・ハイサムちゃんを始めとしたイラクの6人のがんの子どもたちによるもの。それが古茂田工業の草加市にある製缶工場で印刷され、プレス・製缶されたのち北海道の六花亭に届けられ、チョコレートが詰められた後はカードと一緒に袋詰めされて障害福祉事業所「はなみずき」とJIM-NETから全国に発送されているとのこと。
1個500円の売上のうち、290円はイラクとシリアへ送られ小児がんの子どもたちの医療支援とシリア難民支援に、50円は福島へ送られ子どもたちを放射能からまもる活動に使われるそうですが、残り160円で国内生産のチョコレートとパッケージの経費を賄っているということが凄いです。この試みは2006年から始められ、去年より2万個多い16万個を生産したそうですが、既に事務局の在庫は2,200個(2/18現在)完売となったそうです。
HPでの受付は既に終了していますが、電話での注文は在庫終了まで受け付けるとのことですので、キュリアスに近い方はキュリアスで、キュリアスにご来店いただくことが難しい方は直接JIM-NET事務局までお申し込みください。
※2月25日(月)午前中で電話受付分も完売したそうです。


by curious-design | 2013-02-23 15:08 | products
<< 営業時間と定休日について 【4/13】こみやゆうブックト... >>



キュリアスからのおしらせ
by curious-design
カテゴリ
curiousについて
products
workshop
event
campaign
media
staff
display
notice
archive
LINK
タグ
(220)
(145)
(92)
(76)
(71)
(64)
(61)
(53)
(51)
(43)
(41)
(40)
(35)
(32)
(31)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
検索
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のトラックバック
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧